カテゴリ:その他( 4 )

ひと月経ってしまいました。しかも、昨年ということになりましたが、
12月9日、平塚デッサン塾アトリエにて「絵を描く音楽会part2」を開催しました。
part1は、7月7日七夕まつりの日に行ないましたが、
今回は、作品展にタイミングをあわせて、年末の開催となりました。

絵を描く音楽会の内容をカンタンにご紹介しますと、
Milky Way Quartetによる弦楽四重奏(今回はフルート四重奏も)の生演奏を全身で感じ取りながら、
絵を描く者として、目に見えるかたちでその感覚を紙に描き留めようとする試みです。

実際、紙を持ってそういう場に臨んで、どんな感覚を得られるのか、
それをどのような表現につなげられるのか、
前もって、ああしようこうしようと頭の中で考えすぎると、本当の、その場での感覚を邪魔することになると思いますし、
やってみないとわからない・・まずはともかくやってみよう!という「出たとこ勝負」の企画となりました。

本来、紙に描くことだけは条件にし、それ以外、どのような表現で何を描いてもかまわない・・という考えかたで、
音によって浮かぶイメージを描いたり、持参の画材によっては、カラーの表現をして頂いてもかまわないのですが、
まだ2回目でもあり、あまり漠然と「なんでもあり」に範囲を広げすぎては手がかりをつかみにくいこともあると思いましたので、
とりあえず、基本は、演奏者をクロッキーする会として開催してみました。

実際、私の場合、間近に、目の前で、演奏される音楽の迫力と響きには、ただアタマを空にして、
調和の中に身を委ねたい感覚があり、それが正しい態度かとすら思わされます。
そして、手に取った紙には、まず目の前の演奏者の姿そのものを目に見える線で捉えようとすることが、現段階では最も正直な直接的な反応になりました。

楽器を奏でることと、それによって生じる響きがとても身体的な行為として伝わってきて、
その人物の姿を捉えることから音を捉えようとした・・と言えるかもしれません。
しかし、時間と共に流れ去って行く音を追いかけるかのようで、
あっという間に終わってしまった感じでした。

まだまだ描き足りない気持ちですが、何回か回を重ねれば、また違った捉え方や表現ができそうな期待感もあります。
是非これからも続けて行きたいと思っています。

終了後の講評会ではご参加の皆さんからも様々に感想をお聴きし、短時間でしたが、
活気ある興味深いディスカッションができたと思います。楽しい時間でした。
すばらしい演奏をしてくださったMilky Way Quartetの皆さん、
熱心に鉛筆を走らせ、盛上げてくださった参加者の皆さん、ありがとうございました。

画像は、最後の全員でのアンコール演奏の写真を、
掲載の許可を確認していないため少し加工したものです。


f0216444_431458.jpg

[PR]
by hiratsukadessan | 2013-01-11 04:36 | その他
スタジオプレーンでの作品展PLAINDAYS、30日に終了いたしました。
色々と大変な時に、お忙しい中ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
お客様から様々なお話を伺うこともでき、勇気づけられ、身の引き締まる展示期間でした。


展示期間中ふと、デッサンモチーフにしていた少し古い本を開いてみました。
1998年?に開催されたフンデルトワッサー展で販売されていた図録です。
今までよく読んでいませんでしたが、フンデルトワッサーの言葉がいくつか掲載されていました。

1979年の、The Turn と題された一文には、以下のような一行があります。
Art means living and acting with responsibility.

そして、the artist has to fulfill his duty towards the society in which he lives even if
this is temporarily misunderstood. に続いて、
Only he who lives according to the lows of nature cannot fail. とあり、
A tree can be cut in five minutes,but needs years to grow. That's the difference between
technocratic destruction and ecological evolution. と、結ばれています。

他にも、特に今の日本の状況の下に読むと、大変鋭い洞察力を感じさせる言葉が並んでいました。


例えばこんなときに、絵など描いているとは、非社会的な行動のように思われることもあるかも
しれませんが、真実を見極める目を持ち磨く事、そして自然に則った正しい生き方を求める事、
これを社会に活かす繋がりを作るあり方は、とても重要なのだと思いました。

大げさな意義付けをするだけで満足していてはいけませんが、
それぞれの持つ力をできるだけ活かすように努力する事がいちばん大切なのだと思います。

どのようなことにも真剣に取り組めば何らかの発見や展開が得られるのだろうと思いますが、
デッサンは、小手先や見せかけのテクニックでごまかせないところに、その面白さもあるもので、
デッサンに取り組むことが、物の見方や考え方の変革をもたらす場合もあります。
技術的な目的のあるなしにかかわらず、興味を感じる方には、デッサンという行為を
経験してみることを是非お勧めしたいです。(ちょっと強引にデッサンにこじつけてしまいました。)

作品展の様子を少しだけご覧ください。

f0216444_0583798.jpg
f0216444_058146.jpg

[PR]
by hiratsukadessan | 2011-04-02 01:04 | その他
平塚デッサン塾 加藤です。
この度はたいへんなことになりました。
ここをお読み頂けている方はとりあえずご無事ということだと思いますが、
ご実家、ご親類、ご友人が、大きな被害の地域にいらっしゃる方々は、
非常に心を痛めていらっしゃることと思います。

あまりのことに、お見舞いの言葉もありませんが、これからもどんなことが起こるかわかりませんし、
ともかくまずはご自身の身の安全を確保されますように。
皆様のご無事をお祈り申し上げます。


平塚デッサン塾からの業務連絡です・・

先日12日のデッサン塾はお休みとさせて頂きました。
19日ですが・・

計画停電の影響により、本日14日は平塚駅ビルが全館休業となっています。
19日の営業については今のところ不明ですが、
余震の心配などもありますし、当然ですが、ご出席に無理はなさらないで下さい。
電話連絡などがつきにくくなっていますが、
できる限り後日の振り替えなどをしますので、安全第一にお過ごしください。


補足です・・

(その1)
11日の地震では、平塚市も大きく揺れ、明石町の自宅ではテレビ電子レンジなどが床に落下、
鍵をかけていない窓は揺れのためにすべて開いてしまい、浴槽の水が隣の洗面所の床を水浸しに…
ピアノ始め大型の家具は、どうにか倒れはしませんでしたがかなり移動しました。

デッサン塾のモチーフ類がどうなったか心配でしたが、確認に出掛けたところ、
ラスカ文化教室に保管してありますモチーフ類は、全く被害なく、無事でした。
また、スタジオプレーンは、ほとんど何も変化無く、モチーフ類もすべて無事です。
お預かりしているスケッチブック等にも何も影響ありません。

(その2)
現時点での「計画停電」の情報によりますと、
ラスカ文化教室のあります平塚市宝町は、グループ[5]に分類されていて、
本日の予定では、15時20分から19時まで、停電の予定とされています。
スタジオプレーンの平塚市明石町も同じグループです。

(その3)
3月20日から30日まで、スタジオプレーンで作品展(講師の)を行なう計画で、
本来ならば、ここでそのお知らせをするところでしたが、
このような事態となってしまい、申し上げにくい状況です・・・
スタジオの建物は頑丈なようですが、電気が通じないと暗いです。。
今のところは、予定通り展示はするつもりです。(作品制作の予定が狂っていますが・・・)
危険のない範囲で、可能な方は・・どうぞ・・・お越し下さい。。。

スタジオプレーンオープニングイベント ご挨拶作品展
「PLAINDAYS」
3月20日(日曜日)〜30日(水曜日)
毎日、12時〜20時までオープン(予定)


様々なことが起こっていますが、
考えてみれば、いつこのようなことがあってもおかしくない毎日を
今まで平然と送ってきていたんだと思っています。
無闇に恐れず、しかし慎重に、…やるべき事ができますように。。
[PR]
by hiratsukadessan | 2011-03-14 11:47 | その他
このところ、色々な仕事が立て込んでいて、
このブログ更新ができませんでした。。。
あともう少ししたら、また投稿を再開します。

デッサン塾のメンバーは、各自のペースですが、みんな毎回着実に腕を上げています。。。

今日はちょっと別の話題で申し訳ありませんが…
7月5日〜31日まで、平塚元麻布ギャラリーにて、
講師の私と友人達によるグループ展を開催します。

ギャラリーは、JR平塚駅(北口)前 東横イン1号館1階にあります。
よかったら一度覗きにいらしてください。

今後、デッサン塾のメンバーでの作品発表会も計画するつもりです。
f0216444_15511232.jpg

[PR]
by hiratsukadessan | 2010-06-16 15:52 | その他