<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012年9月追記・・この記事は、デッサン塾開始当時のものです。
最新の情報は平塚デッサン塾サイトにあります。



平塚デッサン塾は、個人のレベルと目標に合わせたきめ細かい指導を行い、様々な表現の基本となるデッサン力を確実に身につけることを目指す講座です。
土曜日の夕方から夜という時間帯を自分のために使える方で、その時間デッサンに取り組んでみようというという気持ちのある方なら、目的や現時点での実力などは問いません。

例えばこんな場合・・

美術系の学校への進学を希望する方…
学校により、受験のために必要な準備は様々ですが、最も基本的なデッサンに関しては、作品提出や実技試験という形でほとんど必ず必要になると思います。
短時間の実技試験や、作品提出だけの入試を目指す場合は、独学では心細いが美術大学受験のための予備校に入学するほどの時間は使えないという方もいらっしゃると思います。
また、美大を目指している方でも短期間に実力をアップするためには特にデッサン力を確実にする必要があります。
このような目的では、テクニックに気を取られがちですが、それよりも本質的な【見る力】を高めるトレーニングとしてのデッサンを理解することが大切です。1点ずつ集中して描き込むことが効果的です。

趣味の絵画の基礎力を上げたい方…
表現力の基本にデッサンがある…ということはわかっていても、どのように描いていけば適切なのか、はっきりつかめない…とか、1人で取り組もうとしても今ひとつ集中できない…という悩みをお持ちの方、新しい気持ちで、基本から始めてみませんか?
今まで気づかなかった自分のクセを発見したり、観察力を更に高めることが、表現の幅を拡げる事につながります。

CG、デザイン関係のお仕事をされている方…
コンピュータも画材のひとつとして捉えることができます。従って、これを使用してレベルの高い作品を制作するためには、一般的な絵画等の制作と同じ基礎力が求められます。
この部分について、勤務をしながら個人で学習や練習を続けることには大変な努力が必要ですが、計画的に、週に一度の講座に参加する事で、無理なく、スキルアップを狙いましょう。

何か新しいことを始めてみたい方…
今まで特別に絵の勉強などをしたことがなくてもデッサンは誰でも始めることができます。
ものの見方を意識することで毎日が新鮮に感じられるようになるでしょう。
基礎トレーニングであるデッサンから始めれば、興味のある表現ジャンルがみつかったときにも自信を持って挑戦できます。


ご用意頂くもの

鉛筆デッサンを行いますので、以下の用具が必要です。
●デッサン用鉛筆(2H〜6Bまで、各一本ずつ。計10本)
●練りゴム(画材店にあります。描画材のひとつとして利用しますので消しゴムではなく練りゴムを用意してください。)
●カッターナイフ(どんなものでも構いません。鉛筆を削るために使います。)
●スケッチブック(大きさはB3、またはF8号サイズ、用紙は一般的な画用紙のもので…)
(パネル、カルトンなどお持ちの方は、お使いください)
●その他(はかり棒、デスケール、羽根刷毛など、お持ちの方はお使いください)


内容

受講される方の目的とご希望に応じて、それぞれの計画を建てて行きたいと思っていますが、
基本的には、スタート時には、1回の受講で1点を仕上げることから始めます。
状況に応じ、連続して同じモチーフに取り組んで、じっくり描き込むこともできるようにします。


ご説明いたしますので興味ある方は是非教室にいらしてみてください。

★2011年4月から教室の場所を変更し、開催日時を増やしています。
現在の場所は、平塚市明石町9-2浦川屋ビル2F
平塚駅北口スターモール商店街、メンズショップ浦川屋さん二階です。
水、木、土、日曜日に開講しています。

詳しくは平塚デッサン塾サイトをごらんください。
[PR]
by hiratsukadessan | 2010-03-31 00:26 | デッサン塾紹介