クロッキー(1)


12月25日の平塚デッサン塾は、2010年の締めくくりとして、
スタジオプレーンにてささやかな懇親パーティーを開きました。
その前に、全員で順番にモデルになり、クロッキーを行ないました。


クロッキーとは何か、時々聞かれることがありますので書いておきます。

一般的に「デッサン」は、静止している対象を長時間かけて観察し、描写していくものを言いますが、
「クロッキー」は、人物や動物など、動きのある対象をモデルとして、短時間で描写する方法です。

人物の場合は、5分~20分くらいの、静止ポーズをとってもらうことも多いですが
当然ながら動物にはそのような事は頼めないので、動いている自然な姿を観察し、
動きの中から、素速くポーズを捉えて、描写します。
どちらの場合も、一枚に時間をかけて描くのではなく、色々なポーズを、何枚も、
短時間で描いて行きます。

クロッキーで、対象の様々なポーズを様々な角度から観察し描写することによって
対象全体の実感をつかんで、より正確に把握することを目指します。

技法としては、通常、デッサンのように「調子」で表現するのではなく、
主に「線」を使用して描いていきます。
陰影を入れてはいけないということではありませんが、短時間に全体を捉えるために、
線の強弱や抑揚などを工夫して、かたちや動きの特徴を描写します。


デッサン同様、クロッキーでも、作家が、自分の作品制作の資料など、何らかの目的を持って
行なう場合は、その目的に応じて部分に絞った描写を行なう場合もありますが、
基本は、まず対象(モデル)の全体を描写し、動きやかたちのバランスを、正確に捉えることです。
(これがしっかりとできなければ、作品制作に役立つ部分描写を行なう事も難しいでしょう。)

つまり、クロッキーでは、画面に、対象の全体を描くことが基本です。
できるだけ、自分の使用する描画用紙いっぱいに、対象全体が大きく入るように描きます。
部分がはみ出してしまったり、逆に、余白が大きくなりすぎたりしないように、
適切な大きさで画面いっぱいを使って描くということです。

これは、結果として、素速く全体のバランスを捉える観察力をつけることに繋がりますので、
最初はうまくいかなくても、適切な大きさで全体像を描けるように努力してください。
[PR]
by hiratsukadessan | 2010-12-29 02:35 | デッサンの用語